FC2ブログ
2019-03-10 02:21 | カテゴリ:編集雑記
最近、小3の長男が度々手に取り、
時には爆笑しながら読んでいる漫画の単行本があります。
そのタイトルは『ちびまる子ちゃん』

vol1and14.jpg

男子が読むとは想像もしなかったので、これは盲点でした。
そして母ちゃんとしては親子二代で楽しめていることが嬉しくもありました。


『ちびまる子ちゃん』についてはもはや説明不要ですね。
漫画雑誌「りぼん」の連載で好評を博し、TVアニメの放送が始まったのは、
私が大学在学中のことでした。

卓袱台や炬燵を囲んでの家族団欒や、懐かしい流行や風俗。
昭和ノスタルジーが炸裂するこの漫画は私の琴線に触れるもので、
一人暮らしだった私の、日曜の夕方は
『ちびまる子ちゃん』→『サザエさん』視聴が定番になりました。

同じ頃、『ちびまる子ちゃん』の単行本を購入。
エッセイ風の漫画はTVアニメより更に面白く、
また巻末に同時収録されている読み切り漫画「ほのぼの劇場」、
これは『ちびまる子ちゃん』以前から随時描かれていたもので、
作者であるさくらももこさんの人となりが、より一層伝わり、
あっという間にさくらさんのファンになりました。

大学卒業後も単行本は購入し続けて、
最終的には雑誌での連載が終了した第14巻まで揃えました。

IMG_1109.jpg

その後は学生時代ほど熱狂することもなく、
さくらさんの漫画や後述するエッセイ等を読む機会は少なくなりました。
それでもここまで揃えたwという思いもありなかなか手放せず、
たまに取り出して読んだら、やっぱりその都度笑えて楽しめて、
「座右の書」としての存在は、今なお揺るぎないものです。

さくらさんは文才も素晴らしく、これまた私の大学在学中に、
初のエッセイ『もものかんづめ』がベストセラーになりました。
その後も漫画やエッセイにとどまらず、
詩集や絵本その他幅広く手掛け、まさに八面六臂の活躍をされました。

essays.jpg

一方で、さくらさんご本人は表舞台には殆ど姿を見せられないため、
ご自身が漫画やエッセイ、もしくはブログで書かれた内容を除き、
その私生活や動静は杳として知れない状態でした。

だからこそ昨年8月の、突然の訃報には耳を疑いました。
53歳という若さで、乳癌のためだったそうです。
数多くのファンの驚きや悲しみは勿論のこと、
何より齢を重ねても仕事を続けることを祈願されていた、
さくらさんの無念さは如何ばかりかと胸が痛みました。
同時に、大学時代に『ちびまる子ちゃん』はじめ数々の作品で、
大いに楽しませてもらえたことに心から感謝しています。


第14巻で購入が止まっていた『ちびまる子ちゃん』、
実は第17巻まであり、それを以て完結のようです。
長男もハマった現在、続きを購入して親子で堪能しつつ、、
さくらさんのご冥福を心からお祈りしたいと思います。
スポンサーサイト




管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://kkunivokayama.blog.fc2.com/tb.php/99-a7ab7d5c