2016-06-16 10:30 | カテゴリ:岡山の産品
過日、知人より頂いたお土産がこちら:

wrapped ones

こ、これは…

wrapped2.jpg

昨年夏、県北の津山で岡山県支部の方々とお会いした際、
帰りがけに頂いたお土産もまさにこのお饅頭でした。

とりあえず一ついただいてみて、あとは家族に…と思いつつ口にしたら、

やだ、何これ美味し過ぎて
やめられないんですけど!!!Σ(゚д゚lll)


家族への分け前はどこへやら、あっという間に完食。

何より、これこそ記事として写真とともにこの場で紹介したかったのにもかかわらず
食の暴走が止まらず写真を取りそこねた、曰くつきのお饅頭でもありました。

それから一年、久々の再会。
前回の失態に懲りて、今回はまず写真撮影。
そして前回よりはもう少し落ち着いて味わいました(それでも早々に完食(;´∀`))。


紹介が遅れましたが、この「五大北天まんじゅう」は、
津山市の「つゝや」さんというお菓子屋さんでしか購入できない
(そして「つゝや」さんもまた、お取扱い商品はこのお饅頭のみという)、
知る人ぞ知る、贈答品としても人気の高いお菓子です。

unwrapped.jpg

見た目と触感の第一印象は、よくある「黒糖蒸しパン」。
食感のほうは「もちもちふわふわ」。

split.jpg

厚さ1cm程度で、どちらかといえば薄型。
もちもち~な皮の部分は、食感は違えど、どこかで味わったことのあるような…
と思っていたら、県支部のどなたかが言われたのが「かりんとう」

(・∀・)ソレダ!!

かりんとう風味の皮とあっさりした甘みの餡、この組み合わせがなんとも絶妙です。
私を含め、誰もが「何個でも食べられてしまう」と口を揃えるほど素晴らしく美味しい
(そして爆食中枢を大いに刺激する、ある意味恐ろしい)お饅頭です。

津山の食文化については、ホルモンうどんがあまりにも有名になりましたが、
こちらの「五大北天まんじゅう」も、皆さんお忘れなく!





スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://kkunivokayama.blog.fc2.com/tb.php/75-02680101