FC2ブログ
2013-09-03 16:25 | カテゴリ:編集雑記
北九大岡山県支部の総会・懇親会まであと数日。
今年は近藤学長をお招きするということで、
「再会」を心待ちにしている昨今です。

昭和の時代に入学し、平成の時代に卒業した私は、
何を隠そう、近藤学長の授業をリアルタイムで受けた一人です。
1年生の時の一般教養の心理学の授業でした。
当時は助教授で、北九大に着任されてまだ2年目くらいだったはずです。
とにかく格好良くて、まさしく今でいう「イケメン」
否、イケメンという表現では軽々し過ぎるかもしれない位上品で素敵でした。
ルックスのみならずお人柄も良く、授業も楽しく、女子に大人気でした。
授業をよくサボっていた友達も、近藤学長の授業は欠かさず出席し、
後輩のひとりはヨン様ならぬ「コン様」と呼んでいたほど。
受けた授業は前述の一般教養科目のみでしたが、
そんなにパッとしなかった私の大学時代の中では、
近藤学長の存在は清涼剤のような爽やかな思い出になりました。

だからこそ一昨年の、近藤学長就任のニュースには感慨深いものがありました。
着任以来、北九大で確実に実績を挙げてこられた結果に違いないと、
敬服せずにはいられません。

多数の学生のうちの一人にすぎない私のことは、もちろん憶えておられるはずがないし、
近藤学長にしてみれば「再会」も何も、というところでしょうが、
私は勝手に「またお会いできる」とちょっとドキドキしながら楽しみにしている次第です。

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://kkunivokayama.blog.fc2.com/tb.php/28-2b5bd960