FC2ブログ
2019-11-01 23:07 | カテゴリ:会議の報告
ホテルテトラ北九州のベッドは広く心地よく、短時間ながら快眠。
珍しく良い目覚めで、小倉2日目の朝を迎えました。

昨夜の「女性の会」でご一緒だった方々も宿泊しており、
朝から再び話に花を咲かせながら、朝食を頂きました。


11/27(日)は、第69回総会・懇親会。
会場はリーガロイヤルホテル小倉。大きな立看板で出迎えられました:

IMG_1564.jpg

会場に入ると既にそこには、全国の支部から一堂に会した多くの同窓生。
しかも実行委員として現役の学生さん達も多数いる状況。
今年もまたその規模に圧倒されつつ、総会が始まりました。

物故者への黙祷、校歌斉唱、善正善会長(S47経営)の挨拶に続き、
令和元年度の功労者表彰があり、代表でお1人、表彰状を授与されました:

IMG_1565.jpg

岡山県支部からは、総会・懇親会で素敵な写真を撮影してくださる、
桃農家&photographer田中晃幹事(S57経営)が受賞されました。
残念ながら田中さんはご欠席だったため、筆者、今この場をかりて…
「田中さんおめでとうございます!!!(*´∀`)ノ」

功労者表彰後の報告事項も滞りなく進み、総会は閉会しました。


引き続き、同窓会による、現役学生の学内外での活動を応援する企画
「~夢に向かってチャレンジGOGO~」
2019年度に選ばれた4組の学生が、その成果を発表しました:

IMG_1566.jpg

麺作りへの挑戦、築上町フットパス、ITC利用の地域間交流事業、
そして子ども食堂応援プロジェクト。
同窓会からの支援を励みに、熱心に取り組んできた学生さん達。、
またその姿に、同窓生も心を動かされたに違いありません。


午後はエンパイアルームにて懇親会。

会長および総会・懇親会実行委員長・木下哲治氏(S49経営)の挨拶に始まり、
来賓祝辞、来賓・議員紹介、学生代表の挨拶、
そして乾杯の発声とともに祝宴がスタートしました。

筆者、乾杯の様子をうまく撮影できず…( ノД`)
ただともかく規模の大きさは伝わって…くれれば幸いです:

IMG_1584.jpg

バイキング形式のお料理は、地元産の魚介類や肉、野菜が使われた、
見た目も味も最高に素晴らしいラインナップ。
スイーツ類やフルーツの前は、渋滞の列ができるほどでした:

IMG_1587.jpg

IMG_1727.jpg

皆さんお料理を堪能しつつ、あちこちで歓談を楽しまれていました。

舞台上では、学生さん達によるアトラクションの数々。

女性の応援団長松下さんとチアリーディング部の共演。
こんなカッコいい&可愛い応援があればもう無敵ですね!:

IMG_1612.jpg

少林寺拳法部。意外にも女子部員数のほうが多いとのこと。
舞台を飛び出した、至近距離で観る拳法は迫力満点です!:

IMG_1631.jpg

よさこいサークル「灯炎」の華麗で躍動感あふれる演舞。
実は衣装の変化もまた鮮やかでした!:

IMG_1718.jpg

そして忘れてはならないのが、北九大野球部。
今期の九州六大学野球ではリーグ戦優勝
ユニバーシアード大会準優勝という大活躍でした。

恥ずかしながら筆者、野球部がこんなに強いとは知らず、
もはやひれ伏すしかありませんでした。

その野球部より、壇上から同窓生へのご挨拶:

IMG_1654.jpg

いつかは神宮へ!! 筆者も応援しています!

会の終盤はお楽しみ福引抽選会。
1等商品の旅行券が当たったのは、何と現役の学生さん。
お手伝いに来ただけのつもりが…と、驚くやら嬉しいやらの、
とても初々しい様子で当選の弁を語ってくれました:

IMG_1739.jpg

今期の総会・懇親会実行委員を引き受けてくださった、
末尾"9"の卒年度(S39、49、59、H9、19、29各年度)の同窓生から、
次期"0"の卒年度(S40、50、60、H10、20、30各年度)の同窓生への引継。
今期実行委員の皆様に感謝!&次期の皆様よろしくお願いいたします:

IMG_1742.jpg

そして懇親会のクライマックスは逍遥歌。
応援団長松下さんとOBの方々の演舞とともに、全員で合唱。
桁違いの規模は、パノラマ撮影しないと全体が収まらない勢い(;´∀`)
その迫力に圧倒され、冗談も誇張も抜きで胸が熱くなり感動しました:

IMG_1744.jpg

最後に万歳三唱。そして閉会のあいさつをもって散会しました。


今回もまた、新たなご縁ができたり、旧交をあたためたり。
楽しく充実した、そして懐かしい時間を過ごすことができました。
卒業からどんなに歳月を経ても、心は学生時代に戻れるひととき。
筆者にとって小倉は、「行く」と同時に、「帰る」地でもあります。

ともあれすべての関係各位に心から感謝しつつ、
またここに「帰って」きたい、そう思いながら小倉をあとにしました。

来年は記念すべき第70回の総会・懇親会です。
規模も大きくしての開催になるとのことで、
是非とも多くの同窓生のご参加をお待ちしています!
スポンサーサイト




管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://kkunivokayama.blog.fc2.com/tb.php/124-a3ee80bb