FC2ブログ
2019-03-23 06:08 | カテゴリ:編集雑記
3/21、マリナーズのイチロー外野手が現役引退を表明しました。

1992(平成4)年、プロ野球オリックスに愛工大名電から
ドラフト4位で入団した「鈴木一朗」。

10代の頃、プロ野球や高校野球に夢中の時期もあった私でしたが、
その当時は関心が薄れ気味で、
更にドラフト下位指名ということもあり、
存在すら知る由もありませんでした。

その彼が頭角を現したのは入団から2年後。
登録名が「イチロー」になり、
その後については皆さんご存知の通りです。

野球での活躍はもとより、インタビュー等での発言で垣間見せる頭の良さ。
野球も人物もソツがなさ過ぎるという印象でした。

けれども2006年に初開催された、
WBC(World Baseball Classic)でのイチローは、
敗戦時にはこれ以上ないような悔しさを露わにし、
日本が優勝した際には満面の笑顔で歓び…。
人間味に溢れ、そして真に野球を愛している姿が伝わり、
あれ以来、彼に対する見方が変わった気がしました。

長年の安定した打撃や守備は、
もはやイチローの「仕様」と思えるほどでしたが、
昨年はマリナーズと会長付特別補佐を締結し、
選手として残り試合への出場はなくなりました。
今年に入ってからは引退も囁かれ、
そしてとうとうその日は訪れました。

東京ドームでのオープン戦後の引退会見。

引退にあたり「後悔などあろうはずがありません」という発言に至るまでの心境、
スター選手になって以降の苦悩、
自身の心に残る試合、
菊池雄星や大谷翔平など、若手日本人メジャーリーガーへの想い、
弓子夫人や愛犬・一弓への感謝、

すべて心の底から発した言葉だと思いました。

終盤には「お腹がすいた」等、
随所にユーモアも炸裂し、
見ていて清々しい会見でした。

「最低50歳までは現役でいたい」という願いは叶いませんでしたが、
それを凌駕するほどの活躍と実績。
今はとにかく感謝と労いの気持ちで一杯です。

イチロー本人は「ゆっくりしていられない」という性格らしく、
引退後も野球またはそれ以外の分野で
「元イチロー」あるいは本名の「鈴木一朗」として、
何か新しいことをするかも…? と、
秘かに期待を抱いています。
スポンサーサイト




管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://kkunivokayama.blog.fc2.com/tb.php/100-4b9cdae0