2014-07-24 15:26 | カテゴリ:It's MY favorite
このカテゴリ"It's MY favorite"、一時思うところあって
記事を書くのをやめようとしたこともあったのですが、
やはり皆さんにお伝えしたくなったのでupすることにしました。

最近のお気に入りは、まんまタイトル通りウルトラマンタロウ。
テーマソングの冒頭で「ウルトラマン No.6!」と歌われているように、
6番目に登場したウルトラヒーローです。

ultramantaro.jpg

これは長男が好きな幼児雑誌の附録、色々なウルトラマンが写った下敷きで、
部屋にも飾っています。このポーズは決め技の「ストリウム光線」。

でも何故、今、ウルトラマン「タロウ」なのか…? と疑問を持たれたかもしれません。

きっかけは今年に入って見た『ウルトラマン物語(ストーリー)』(1984年)。
あらゆる戦隊ヒーローものに夢中の長男のために、何となく録画していた作品でした。
子どものタロウが、実の親である「ウルトラの父」と「ウルトラの母」に見守られながら
強いヒーローへと成長していく姿を描いたものです。
私は子どもにつられて何気なく見たのですが、子どものタロウの可愛いことといったら!

little taro

野沢雅子さんの吹き替えがまた素晴らしくピッタリです。この可愛さと
強くなろうと健気に頑張る様子に、もうすっかりやられてしまいました。
こんな可愛いタロウが、強くたくましくカッコいいウルトラ戦士になるのですね。

さて、『ウルトラマンタロウ』がTV放映されたのは昭和48年~49年にかけてのこと。
リアルタイムでの記憶は全くないのですが、ちょっと気になって動画を検索してみたら、
誕生40周年記念のダイジェスト版がYouTubeにupされていました。

higashikoutaro.jpg

主演の東光太郎(=ウルトラマンタロウ)役、篠田三郎さん、格好良過ぎます!
その他、名古屋章さんや東野英心さんなど、「えっ、この人も出ていたんだ!」と
ビックリするような錚々たる顔ぶれ。
40年以上も経っているのに全く色褪せない、質の高さを垣間見ることができました。
全部で53話もあるので気の遠い話ではありますが、いつか機会に恵まれたら、
『ウルトラマンタロウ』、何らかの手段で是非とも見てみたいものです。

まぁそういう訳で現在、数多いるウルトラマン
(セブンだのジャックだのエースだのその他諸々)の中で、タロウが好きな次第です。
タロウは最近の作品『ウルトラマンギンガ』にも、ソフビ人形役ながらも出演しているので、
長男もタロウのファンです。
まさに時代や世代を超えて愛されるヒーローですね。

最後に…子どものタロウが出ているCMを発見。もう可愛過ぎて癒されますよ:
http://www.youtube.com/watch?v=xPpGVcYAnFs
スポンサーサイト
2014-07-23 17:07 | カテゴリ:三木会
7月17日(木)に津山にて初の三木会を開催いたしました。参加者は山田、黒瀬(以上津山地区)、山下、繁定、中西(以上岡山)で少数でしたが有意義な会となりました<谷口さんも参加予定でしたが急きょ用事が入り欠席されました>。
山田さんの主宰されています「山田共学道場」にて現在の教育の実態や受験状況を興味深く拝聴させていただき、その後席を変えて山田さんお勧めのお店“銀水”で食事をいたしました。さすがに美食家の山田さんアッと言わせる様な料理の数々皆で美味しく食べて飲み、同窓会の話題で大いに盛り上がり、津山の夜を満喫いたしました。