FC2ブログ
2019-08-14 01:37 | カテゴリ:編集雑記
猛暑のお盆休みの某日、筆者が卒業した高校の同窓会がありました。

筆者、北九大同窓会岡山県支部を除き、同窓会への出席はこれが初めて。
高校卒業以来久々で、緊張しつつ入った会場の、受付名簿の氏名は旧姓。
そして各自記入する首掛け名札は、「旧姓で書いてくださいね」。

もうのっけから高校時代に引き戻され、久々旧姓を書く手が震えました。

ホール内に入ると懐かしい同級生に次々と会い早速挨拶。
容貌やら喋り方やら、まるで変わらない人もあり、激変した人もあり、
卒業から確かに歳月が流れたことを実感しました。

談笑しているうちに緊張もほぐれてきて、いよいよ開会。
各クラスのテーブルごと、或いはテーブルも超えて食事と歓談を楽しみました。

illustration.jpg

顔見知りの同級生からは、筆者自身も忘れていたような思い出を聞かされ、
懐かしさと同時に、己の過去の行状を恥じ入る場面も(;´∀`)

また一度も同じクラスにならなかった、実質初対面の同級生とも漸く対話できて、
交流のなかった3年間を取り戻せたような気分になりました。

会の半ばより、壇上に立ってそれぞれ自己紹介および近況報告。
会社の社長等、組織の長になっている人も結構いて、活躍ぶりが窺えました。

年齢的に大学生や社会人なりたての子持ちが多く、中には孫がいるという人も。
ま、孫…。筆者、長男がまだ小学生ですが(;´Д`)
ただ時代の流れか、筆者より更に高齢で出産の同級生女子や、
40代半ば過ぎで結婚の末、今は2人の乳幼児持ちという男子もいました。
まさに「人生いろいろ」です。

楽しい時間は瞬く間に過ぎ、惜しまれつつ散会。
誰からともなく「また何年後かに開催しましょう!」という流れになりました。

多くの同級生が出席した同窓会でしたが、その一方で、
案内を郵送しても宛先不明で戻る、消息不明の同級生も多数いました。

また所用とは別に、中には諸事情で同窓会に参加しにくい同級生もいたようです。

かつて筆者にもそういう時期がありました。
今回の同窓会も、行くまでは満喫できるか若干の不安も抱いていました。
そして次回の同窓会、参加できる心身の状態にあるかは知る由もありません。

ただ今回の同窓会に参加して良かった、楽しかった、また皆に会いたい。
そう思いながら会場を後にすることができたのは確かです。
今回会えなかった同級生にも、いつかは是非…と願っています。

今回の同窓会の写真撮影は幹事はじめ他の方にほぼおまかせで、
またこの件で記事執筆は想定しておらず、写真撮影はほとんどしませんでした。

1枚だけ、同級生&恩師と撮影。雰囲気は伝わるでしょうか。
ハートや星で隠れたその向こうは、みんな笑顔です(*´∀`) :

012.jpg

最後に、ご多忙な中お世話をしてくれた幹事のDくんに心から感謝!です。
フットワークや気働きの良さは、筆者も見倣わなければです。




スポンサーサイト



2019-07-24 08:21 | カテゴリ:編集雑記
高梁市成羽町にお住まいの同窓生Iさんが、情報ご提供くださいました。

7月27日(土) 午後8時より、
備中名物成羽愛宕大花火、
高梁市成羽町にて開催されます。


fireworksvector1.jpg

岡山県内の花火大会人気ランキングでベスト10入りするほどの、
伝統のある、壮大で美しい花火を堪能できます(*´∀`)

愛宕大花火サイトはこちら


もう一つ皆さんにお知らせしたいのが…
今大人気の、猫城主「さんじゅーろー」です。

高梁市観光ガイドに詳しく紹介されています。
サイトはこちら

備中松山城をバックに寝そべる「さんじゅーろー」には、
猫好きの筆者も大いに癒される日々です(*´∀`)

折しも昨日の山陽新聞にこんな記事がありました:

IMG_1359.jpg

「さんじゅーろー」、ついに本にもなりました!
これでますます人気者になりそうですね。


この週末、どこかへお出かけしたい…という方、
ぜひとも高梁市へ足を運ばれてみては如何でしょうか?

情報提供くださったIさん、本当にありがとうございます!
(実はしばらく前にお知らせくださったのですが、
掲載が遅くなり申し訳ありませんm(__)m)


高梁市周辺エリアは、名所旧跡や美味しいお店の宝庫です!
筆者も機会があればまた実際に訪れて、
ここでご紹介できればと思います。

2019-07-05 00:59 | カテゴリ:編集雑記
7月になりました。
令和になり2か月。そして今年も折り返し地点を過ぎました。
毎日はあっという間ですね。


さて昨日の夕方帰宅したら、封書が届いていました。
9月1日開催の、岡山県支部総会・懇親会のご案内です:

IMG_1325.jpg

連名での冒頭の挨拶からは、これまでにない位、
様々な想いを込めて書かれたであろうことが伝わりました。


西日本豪雨から1年。
被災された方々が一日も早く平穏な生活を取り戻せることを、
被災地の復興を、筆者もまた願わずにはいられません。


来たる総会・懇親会が復興の一助となるよう、
そして皆さんにお喜び頂けるよう、
実行委員一同最善を尽くしますので、是非ともお越しください。
一人でも多くの皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。
2019-05-08 17:02 | カテゴリ:編集雑記
改元から1週間が過ぎました。
前例のないGW10連休も終り、
昨日が令和の「仕事始め」の方も多かったことと思います。

ご多聞にもれず筆者も連休明けで、
ボケた頭と鈍った身体で仕事や生活ができるのか、
GW最終日から気が重く不安でした。

どうにか連休後初日は乗り切れましたが、
夕方の銀行のATMがいつになく混雑していて、
改めて連休明けであることを実感しました
(危うく時間外手数料を取られるところでした(;´Д`))

またTVニュースで見て大変そうだったのは、
GW中ゴミ収集のない自治体に暮らす方々。
長期間家庭でゴミの処理や保管をするのは過酷で、
漸く処分できた安堵の表情が印象に残りました。


ともあれ多くの人々に日常が戻りましたが、
そうでない(なかった)人もいます。

連休最終日の夜や連休明け初日の朝に
中高生自死というニュースが相次ぎました。

夏休みなど長期の休み明けに小中高生の自死が多いというデータをどこかで見ましたが、
まさにそれを証明するものでした。
彼等以外にもまた社会人にも、
このタイミングでみずから「日常」を断ち切った人。
水面下にはもっといるかもしれません。

学校であれ、職場であれ、
死が頭をかすめるようになった日には、
もはやそこは居るべき場所ではありません。

この記事が読まれているはずはないと思いつつも、
今現在そのような状況にいるすべての人々(+関係各位)に

「全力で逃げて!!!!!」

「解放してあげて!!!!!」

そう呼びかけずにはいられません。


自死まではいかなくとも、学校や職場へ行けず、
不登校や休職している人々も多い昨今。
筆者の職場にも出勤できなくなった人がいます
(以下Kさん)。

穏やかな人柄のKさんには復職を願う一方で、
今の労働環境から切り離してあげたい想いも抱いています。

戻る戻らないは個々の事例に依りますが、
最後は本人または家族、もしくは信頼できる第三者の判断で、
この先Kさん含め、誰もが今より良い状況になることを、
令和になった今、改めて願っています。


令和記念(便乗?)第2弾。

IMG_1258.jpg


ともに祝ってくれているフィギュアは、
長男が未就学児だった頃、某ファストフードの
ハッピーセットについていたおまけ。
令和の今、そちらには見向きもしなくなり、
大人と同じもの(量)を食べています(;´Д`)
2019-05-01 22:36 | カテゴリ:編集雑記
新しい時代、令和の幕が開きました。

昨晩からの各地での盛りあがりよう、
TVの特番のラインナップ、
まるで大晦日から元旦でも迎えるような雰囲気でした。

「令和」を冠した限定商品が登場するのは
お約束みたいなものでしょうか。

IMG_1249.jpg


昭和、平成、そして令和も、その人気は衰えないであろう
ドラえもん&ドラミちゃん、撮影ご協力に感謝です(*´∀`)


平和で災禍なく、誰もが安心して日々を過ごせる。
令和という時代はそうあってほしいと願ってやみません。


北九大岡山県支部も、同窓会員の皆さんがより交流できる、
そのような場になるよう願いつつ努力しますので、
改めて今後ともよろしくお願いいたします。