2017-09-15 17:31 | カテゴリ:編集雑記
去る9月3日(日)岡山アークホテルにて、H29年度の総会・懇親会を開催しました。
岡山県支部創立50周年という記念すべき今年。
来賓として同窓会本部の善正善会長をはじめ、小倉・広島・高知・香川・関西・兵庫・福山の各近隣友好支部関係者、そして本学応援団長の石原啓太郎君(政策科学科4年)の総勢17名をお招きし、支部会員は37名出席、計54名の参加となりました。

開会冒頭は石原君がリーダーとなり校歌斉唱。

50th_1.jpg

至近距離で見ると、その迫力に気分も高揚しました。

総会においては議案審議、来賓紹介、来賓挨拶と滞りなく進行して閉会。
引き続き特別講演および座談会がおこなわれました。

特別講演は、その指導力と長年の実績に定評のある山田共学道場理事長・山田克惟先生(S43米英)が、岡山県教育の軌跡と現況について力強く語ってくださいました。

50th_2.jpg

座談会では、支部創立50周年を回顧して歴代の支部長、荒木敏和氏(S35米英)、遠藤昌澄氏(S38米英)、繁定健三氏(S41商学)、天羽紀夫氏(S38商学)、以上4名よりそれぞれご在任時の思い出話や今後の県支部活動への提案等を賜りました。

50th_3.jpg

懇親会に先立ち、出席者全員の記念撮影。

50th_4記念写真 

例年「H●年度~」と書かれる横断幕、今年は「第50回~」です!

懇親会では、まずは実行委員長・山下順三氏(S40米英)による開会挨拶。
そして荒木氏による乾杯の音頭。

50th_5.jpg

目にも楽しい和食懐石のコースを堪能しつつ歓談しました。
舞台では尺八の師範太田博樹氏(S42中国)と水野脩氏(S42商学)、同期お二人による尺八の演奏。

50th_6.jpg

その後は誰もがご存知『明日があるさ』を全員で合唱。
更に毎年恒例のハワイアン演奏&フラダンス。日頃ダンスに無縁な方々にもお声がかかり、優雅でゆったりとした踊りを楽しみました。

IMG_2500.jpg

また参加者を代表して、初参加&参加者最年少(H27卒)&2度目の参加という女性3名よりスピーチを頂きました。
女性や平成以降卒業の若い会員が顔を出してくれるのは大変嬉しく、また心強いものです。

宴たけなわな中、最後は全員輪になって逍遥歌斉唱。ここでも石原君が応援団長として岡山県支部にエールを送ってくれました。来春には新社会人になる石原君、私も応援しています!

IMG_2554.jpg

今回ご多忙な中、また遠方からお越しくださった来賓の方々、同窓会本部および近県支部の方々、同窓会員、岡山アークホテル職員ご一同様、その他関係各位に心から感謝を申しあげます。

そしてまだ同窓会総会・懇親会に参加されたことのない方、ぜひ一度お越しください。大歓迎です!!
スポンサーサイト
2017-09-08 22:08 | カテゴリ:編集雑記
去る9/3(日)、岡山県支部の総会・懇親会を岡山アークホテルにて開催しました。
(当日の詳細は、写真画像が届き次第upさせていただきます!)
岡山県支部発足50周年という記念の今年。

来賓としてお越しくださった小倉支部の進支部長と、
今年2月に急逝された小倉支部評議員の中川さんのお嬢様より、
このうえなく素晴らしいプレゼントを頂きました。それは…

湖月堂の栗饅頭

chesnut cake or kurimanju

小倉で学生時代を過ごした者には何とも懐かしい逸品です。

unpacked.jpg

見た目はベーシックでやや小ぶりなこの栗饅頭、

the inside

中身は柔らかい白餡と僅かに歯ごたえのある栗の甘露煮。
この食感としつこくない甘みが絶妙で、まさに栗饅頭の中の栗饅頭です。

私の子どもにいたっては「おかわりは?」と尋ねてきたほど。
和菓子に関心のなかった小2男子まで虜にする湖月堂の栗饅頭、只者ではありません。
小倉発のこの銘菓は、北九大OGである私にも周囲に自慢できる存在です。

改めて進支部長、中川さんのお嬢様、そして中川さんに
この場をかりてお礼を申しあげます。
本当にありがとうございます。

↓湖月堂のHP。栗饅頭の他にも素晴らしいお菓子がたくさん。
http://www.kogetsudo.com/
2017-01-25 17:09 | カテゴリ:編集雑記
H29年1月21日(土)和気町の和気庁舎2階社会福祉ルームにおいて当支部会員の山下順三氏による講演会が行われました。
演題は「ハンセン病の歴史と現在」で2時間半にわたって興味あるお話を聴くことが出来ました。
この講演会はH23年に和気町内の有志で設立された勉強会“和気塾”主催で行われた会合です。
ハンセン病のについては岡山県人は瀬戸内市邑久町にハンセン病療養所があり一度なりとも耳にしていることでしょう。しかしこの病の歴史的変遷を理解している方は少ないのでは。私も今回の講演を聴き改めてハンセン病の起源とその歴史を教わりました。
この病は聖書の中に紀元前5世紀頃にすでにあったことが明記されているとの事。日本では古事記に天刑病(らい病)として記述されています。
この病気は単なる病気と異なり「差別と偏見」を生み出す事となり永い間不治の病として恐れられていました。しかし1943年にプロミンという特効薬が開発されその後は一般的な病気との認識になりましたが「差別と偏見」はその後も続きハンセン病は古くて新しい問題であるとの感が致します。病は医学で治すことは出来ますが人の心を直す事が出来ません。心を直すのは人の愛が特効薬ではないのでしょうか。
「差別と偏見」は現代社会においては様々なところで見え隠れしています。大切な命が失われています。(中西)IMG_0607.jpg

IMG_0605.jpg
IMG_0608.jpg
2016-12-02 01:34 | カテゴリ:編集雑記
Christmas tree

今年も我家にこの押し花ツリーが飾られました!  5度目の冬です。

時を同じくして長男:「クリスマスツリーを飾りたい」
そしてこちらも1年ぶりに納戸から取り出しました。

乳児期には我々大人の手で、
幼児期には長男と一緒に飾りつけをしていたのが、
小学生になった今年は
「ぜんぶ、自分でしたい!」&

「お母さんは、あっちへ行ってて!」

というので、思い切って部屋を出て子どもにまかせてみました。

そしてできあがったのがこちら:

I did it!

ん?  そこにあるのはもしや…

christmas tree's'

(; ゚д゚)

また、「まんべんなく」飾りつけるというのは小1男子には難易度が高いのか、
偏り気味で、よく見たら結構なカオス状態のツリーではありましたが、
本人はご満悦。

in the darkness

電飾も見事に偏っていますw  まぁそれもご愛嬌かな。

12月になり、今年も残り1か月を切りました。
押し花ツリーとクリスマスツリーを眺めながら、
ふとこの1年を回顧してみた夜でした。
2016-09-04 11:44 | カテゴリ:編集雑記
H28年度総会・懇親会 
H28年度の総会・懇親会を8月28日(日)に倉敷市の倉敷国際ホテルにて、来賓及び他支部関係者17名と支部会員37(家族1名含む)計54名の参加をえて開催いたしました。
同窓会本部:善会長、清家本部総会実行委員長、今泉幹事   
友好支部:小倉支部、関西支部、兵庫支部、福山支部、広島支部、香川支部、高知支部より13名参加
大学本部:戸島事務局次長
特別講演:漆原 朗子 北九州市立大学副学長 演 題「70年目のFrontierSpirit~地域・環境・世界~への発信」

今回は特別講演を本学の漆原副学長にお願いし、北九大の現在の姿と今後のあるべき方向性をパワーポイントを使いながら説明を受けました。講演直前にパソコンの設定ミスで副学長には大変ご迷惑をお掛け致しましたが、パソコンの機能が回復する間ご自身のプロフィールを詳しくお話し下さり主催者としては胸を撫で下ろした次第です。
その後の懇親会はまず今回の実行委員長を務めた古城健司委員長(S58卒) の挨拶に続き天羽相談役の乾杯の音頭で幕を開け、その後は「3010運動」(会の初めの30分間と終わりの10分間は席に着いて料理を楽しみ食べ残しを無くす運動)に基づき美味しい料理を味わいメインエベントのハワイアン・フラダンスそして終盤に恒例のオークションへと進みました。オークションでは大学本部より大学のグッズ詰め合わせと70周年記念のお酒(ひびきのの杜)、同窓会事務局からクウォカード、善会長から地元の吟醸酒の提供等々たくさんの品々が寄せられましたが終了時間が迫ってきたので司会の中山幹事長が大判振る舞いで入札者に安価で落札していました。最後に小野鶴太郎(S44卒)副支部長の閉会の挨拶で会を閉じその後20名近くが二次会へと倉敷の街へ繰り出して行きました。今回のオークションでの収益金の一部を熊本地震で被災された同窓生に義援金としてお送りしたいと思っています。熊本のみなさん頑張って下さい。